コンテンツへスキップ

人が集う注文住宅をつくる

新築で注文住宅を建てるときは、当然ながらたくさんのこだわりが出てきます。家族全員にとって居心地の良い家、立地や環境を最大限に活用した合理的で住みやすい家などを目指して、いろいろと相談しながら実現の方法を探ることになります。

 

今後長く住むことになる家、家族の成長を記憶していく家は、将来の変化にも対応できることも頭に入れながら設計していくことが大事です。子供たちは小さなうちは目が届くようオープンな設計が望まれますが、年頃になるとプライバシーに敏感になります。そんなときも簡単に対応出来るようにしておくと良いでしょう。

 

ポイントは、プライバシーを尊重することが可能でありつつ、必要以上に「隔離」することがないようにすることです。子供も大きくなるにつれそれぞれの予定を持つようになり、独自の生活リズムを持つようになります。

 

プライバシーを尊重した結果、同じ家に住みながら顔を合わせることがあまりないなどと言うことのないようにしたいものです。そのため、人や家族が自然に集まりたくなるリビングなど、魅力的な共用スペースを確保することが大事です。