コンテンツへスキップ

我が家が青梅市に注文住宅を建てようと決心したのは、上の子供が一歳の時でした。
住んでいたアパートでトラブルが起き、どうせ引っ越すなら家を建ててしまおうと、かなり安易に考えていました。

 

決心してからは、住宅メーカー巡り展示場巡りに費やす毎日。
土地を探すにも、仕事場が近い方が良いとか、実家に近いほうが良いとか、ここは工場が多いから子育ての環境は良くないとか、とにかくピンとくる場所もありませんでした。

 

数十か所回って、ようやく希望の土地も見つかり住宅メーカーも見つかり、さて契約、という段階で、義母が言いました。占い師にみてもらったら今年は家を建てるのは良くないから、来年にしなさい、と。
義母の意見は絶対なので、それに従わざるを得ませんでした。

 

納得は行きませんでしたが、今考えると延期した一年があったからこそ、家具を見に行く時間もでき、照明やインテリアを選ぶ時間もでき、ゆっくり間取りを考える余裕もあったんだと思います。
そう、我が家の自慢は間取りから全て自分たちで考えたことです。
家族が個室に閉じこもらないように二階の踊り場を広く取りセカンドリビングにしたり、子供がつまづかないよう段差をなくしたりしました。

 

ただ一つ後悔したことはトイレの位置です。
2階のトイレを玄関の上に作ってしまったので、誰かが2階のトイレを使っているとき玄関にいると音が聞こえてしまうことだけが残念でなりません。
それ以外は、主人の要望であった書斎も作ることができ、満足しています。

 

アパートにいたときにはなかった解放感のせいか、食事が終わると自然と2階のセカンドリビングに集まり、みんなでゲームをしたりおしゃべりを楽しんだり、家族の絆がより一層強まった気がします。
全て自分たちで考えたのでかなり苦労はしましたが、だからこそ、わが子のように愛おしい家になったと思っています。

注文住宅として、良いところが自分たちの意見をできる限り通すことが出来るというところですね。建売住宅の場合は、そんなことができないのです、そのため、意見を盛り込むことができる注文住宅に付いて、とても良いと思っていました。そして自分が福生市で新築住宅をつくる時には、やっぱり注文住宅にしようと思ったことでした。

 

そんな時、地震のことが気になっていました。最近では、地震についてとても心配されてますね。当然のことと思います。そして家の中の地震対策も、とても重要と思うようになったのです。地震がきた時には、津波というよりも安全な家が大切と思っています。その家が崩れてしまったらそこで終わりだからです。そんなことにならないように、耐震対策を考えています。

 

そこで、家自体の耐震対策だけではなく家具についても思うところがありました。それはなんといっても、家具を固定させることです。住宅に固定された安心安全な家具を、一緒に作ってもらいました。

羽村市に新築一戸建てを建てる際、お風呂にもこだわりました。
ハウスメーカーさんが見せてくれたカタログの中に、湯船の中に手すりがある風呂釜がありました。
バリアフリーの一環だそうですが、実際湯船から立ち上がる時にとても便利ですよ、と言われ、色々検討した結果、湯船の中に手すりがあるものを選びました。

 

これが大正解!今まで風呂釜のへりに手をかけて立ち上がっていたのですが、高さが合わなかったり、すべったりしていました。
お風呂ってこういうものだよな、と思っていましたが、湯船の中の手すりが非常に持ちやすく力を込めやすい位置・形状のため、安全にすっと立ち上がることができます。

 

この先ずっとこの家で住むんだ、と思い購入した一戸建て。
それなりにバリアフリーにも気遣ったつもりですが、今のところ湯船の手すりが一番良い!と感じています。歳を取ったらよりこの手すりが活躍するかもしれません。
各社が提供する新しいものには必ず意味がある!
戸建てやお風呂リフォームを考えてる方におすすめしたいバリアフリーです。

新築で注文住宅を建てるときは、当然ながらたくさんのこだわりが出てきます。家族全員にとって居心地の良い家、立地や環境を最大限に活用した合理的で住みやすい家などを目指して、いろいろと相談しながら実現の方法を探ることになります。

 

今後長く住むことになる家、家族の成長を記憶していく家は、将来の変化にも対応できることも頭に入れながら設計していくことが大事です。子供たちは小さなうちは目が届くようオープンな設計が望まれますが、年頃になるとプライバシーに敏感になります。そんなときも簡単に対応出来るようにしておくと良いでしょう。

 

ポイントは、プライバシーを尊重することが可能でありつつ、必要以上に「隔離」することがないようにすることです。子供も大きくなるにつれそれぞれの予定を持つようになり、独自の生活リズムを持つようになります。

 

プライバシーを尊重した結果、同じ家に住みながら顔を合わせることがあまりないなどと言うことのないようにしたいものです。そのため、人や家族が自然に集まりたくなるリビングなど、魅力的な共用スペースを確保することが大事です。

私は、数年前に一戸建て住宅を建てました。青梅市に注文住宅を建てて、間取りなども全て一から自分たちで決めたのですが、その際に気をつけたことがあります。
その時は子供がいなかったのですが、子供は大体二人ぐらいを希望していたので、そういった家づくりにしました。

 

将来的には区切って子供部屋にすることが出来るように、子供部屋は大きく取り、将来分けることが出来るように設計しました。
また、リビングには畳コーナーを作りました。こちらの畳コーナーで、赤ちゃんなどを寝転ばせて置いてもすぐに見ることが出来るように、死角がないように工夫をしました。

 

また、リビング階段にすることによって、子供たちが玄関から上がってきたとしても、誰が入ってきたかが分かるように工夫をしました。

 

このように、子供が産まれることを想定して、色んな場面で間取りに工夫しました。
間取りを工夫するのは大変でしたが、今は子供が実際に産まれて、こういった間取りにして良かったと思っています。

羽村市の実家を注文住宅で建替えました。設計にかなりの時間をかけたので満足のいくものになっています。壁面収納を各部屋に作ったので収納力がかなりあります。美術品が多い家なのでピクチャーレールをリビングや階段につけました。部屋数を少なくした分各部屋の壁が広いので父の油絵もギャラリーのように飾れます。ピクチャーレールの上には間接照明をつけたので父は絵が完成すると間接照明だけにしてバランスをみています。また、ピクチャーレールの下は収納付きの飾り棚を作ったので壺や生け花などがバランス良く並べられます。ガレージの上は2階の階段から入れる物置にしたのでこちらにはキャンプや釣りの道具、バーベキュー道具、暖房器具などを収納しています。たまにしか使わないものはここに放り込んであります。ドアが小さい上に開くドアにしたので出入りがしにくく引き戸にしたらよかったかとも思いますがここは作って正解でした。たまに来てくれる孫用の椅子やベビーカーも入れています。窓が多い作りなので窓拭きが大変なのと、前と後ろに庭を作ったのでエアコンの室外機の置き場にはかなり困りました。結局後ろの庭の出口のそばに室外機を置いたのですが夏に庭に出るときに熱風がきます。隣人や後ろの家に配慮するとこの場所しかないのですが毎回げんなりします。不満はありますが8割以上満足しています。