コンテンツへスキップ

わが家が新築住宅の家づくりをするにあたり、土地選びが大きなポイントでした。
出来るだけ近所の人と経済格差のないところ、これを基準として土地を選びました。
近所の人と上手くやっていくには、経済感覚が一緒なのが一番だと思ったからです。

 

これは私の考えなので、みんながそうであるとは限りませんが…。
今後、子供の習い事や学校選び、色々とお金がかかる事が待っています。
そうなった時に周りが同じような人であれば、相談もしやすいはずです。

 

最初は安い方がいいと思ったり、ちょっと高いけど都心に近い方がいいかななど、色々と悩みました。

 

そして、考えた結果、自分たちの身の丈にあった価格帯の土地が一番だと決めました。
結果的に、近所の人は同じようなサラリーマン家庭が多い地域です。
特にミエをはったり、気を使う事もなく、楽しく過ごせています。

 

家の内装なども気になるところですが、やはり立地は重要だと思います。
一生、住みたいと思っているので、その点を重視して大正解でした。

現在は建売新築住宅を購入して家族4人で暮らしています。 場所は神奈川県内の渋谷に到る田園都市線の界隈に暮らしていて、筆者自身は通勤しながら東京都内で勤務していますので勿論、渋谷が起点になります。

住いは駅からも歩いて自宅までいけますが30分もかかって今いますので、従ってバスでも10分くらいかかりますが、やはり通常はバスと電車で通勤しております。 マイホーム
購入してから4年ほど経ちますが、勿論。マダマダ新築気分で気持ちがいい感じです。

実は、其れまでは民間のアパートで夫婦で暮らしていましたが、やがて家族が4人になったところでマイホームを考えるようになったのです。 又、此方のアパート代は月にして2LDKで5万8千円ほどでした。

それならと思いアパート代とマイホームの住宅ローンとを測りにかけたら、若干住宅ローンが高くはなりましたが、極端にローンが高くならない程度に抑えて、いろいろな工務店の新築住宅見学会に足を運んだ末に建売住宅を購入したのでした。 住宅の広さは3LDKの間取りであり、子供たちの通学や日用品の買い物もそこそこの環境でしたので、今でも満足はしております。